|胡桃の木の上で|

沢山の方達の力で新しくスタートできました。ありがとう*
検索
以前の記事
● LINKS ●
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ねむの木学園へ
記事が前後してしまいますが、GWに「ねむの木学園」に行ってきました。
周知の通り、女優・宮城まり子さん主宰の、障害をかかえた子供達の学園です。
f0186156_20415986.jpg


静岡で育ち、その存在を知っていながらも一度も訪ねたことはなかったのですが
NHK日曜美術館で、彼らの作品に心うたれ、絵が大好きな娘に見せたかったのです。



なんだか深い緑と広い空を見上げたいと思ってたから、とても気持ちがよかったな~


ギャラリーで実際に作品を目の前で見ると、TVよりも更に感動をしました。

とても真似はできない・・・
もしかしたら真似ゴトなら出来るかもしれない・・・
けれど真似ゴトにしかならないだろうな・・と思いながら、一点一点ゆっくりと見ました。

f0186156_20564275.jpgf0186156_20565954.jpgf0186156_20571721.jpg


ノートが1冊あり、感想を書くのに、適当な言葉がなかなか見つからず
なんとか見つかった言葉が「Fantastic!!」でした。伝わったかなぁ~


平日、予約をすると授業も見学できるのですが、私がTVで作品を見た時、ギャラリーで
作品を目にした時の感動、感想を書いてる時・・・いずれも障害とは無関係です。

娘にも、フラットな目線を伝えたいのですが、まだ私自身もうまく伝える自信がなかったので
再び訪ねることとなりそうです。


「言葉は伝わらなくても、絵は世界のどんな人へも伝えられる」という宮城まり子さんの言葉。


様々な葛藤や困難の上にある、愛と絆を感じました。





近くの掛川城にも足を伸ばしてきました。

いつもながら、ガイドのように説明に白熱する夫。
ちょっとうるさい時もあるけど、説明があると楽しく見学できます。

f0186156_2151964.jpgf0186156_2153561.jpg


こんな小さな柵にも、鉄砲の角度を変えられるように工夫があったり・・・

石投げ穴という、敵が侵入してきた時に上から投げる穴があったのですが
「まるで小学生のケンカだね^^;」
「武器が少ない時代だから仕方ないんだよ」
「石なんて投げられたらアレ!・・・投げちゃえばいいじゃん」
「アレか?あったみたいよ、溜める所があったらしい」
「私は、やらないけどさ・・・」
「でもアレなんて投げられたら、なにくそ~!って余計に相手の士気が上がりそうだな」
「たしかに。(納得)」


なんてアホな会話を真剣にしていたのでしたー。
[PR]
by Qumi-2008 | 2011-05-27 20:46 | おでかけ